Untitled
tatsukii:

【韓国アジア大会】バドミントンで問題になっている風の影響で日本選手が負けたことが一目でわかる動画がこちらです:ハムスター速報

これはあかん。
地方公立高校で講演すると、「お金が無くて大学進学を諦めた」という話をよく聞くが、決して諦めてはいけない。国立大学法人は、成績優秀で、かつ経済的理由で授業料の納付が困難な者は、授業料が免除になる。名古屋工業大学の場合、平成25年度だけで全額免除が815人、半額免除が269人もいる。
サンヨーが凋落した原因
■中国ビジネスが凋落を招く
中国企業は、日系企業から人材を引き抜き、技術を模倣し、劣悪な労働条件で低コストの二流品、三流品を作って急成長してきたことは広く知られているが、なかでも三洋が格好の餌食になったというのは、経済界の定説である。
その「お人好し」ぶりを見せつけたのが、敏氏が親密にしていた中国家電大手の海爾集団(ハイアール)との合弁事業。2002年2月、 合弁会社「三洋ハイアール」を設立。 その合意内容に、業界は唖然とした。メーカーの基本動作を逸脱したものだったからだ。
三洋と中国ハイアールが共同開発した製品を「ハイアールブランド」で日本市場に投入するというのだ。家電メーカーにとって「自社ブランド」は命。自社での製造に手が回らないときは、他社に作ってもらったOEM生産の家電品を「自社ランド」として売らねばならない。
店頭シェアを死守するためだ。 ところが、三洋は「ハイアールブランド」の冷蔵庫、洗濯機、エアコンを日本市場に投入することに全面協力した。
「ハイアールブランド」を店頭に並べるには「三洋ブランド」の店頭シェアを犠牲にせざるを得ない。他社から「慈善事業」と揶揄されたのも無理はなかった。
敏氏は、ハイアール製品を日本で売ってやれば、三洋製品の中国での販売にハイアールが協力してくれるという計算が働いたかも知れない。しかし、そういった「もちつもたれつ」の関係が中国ビジネスに通用しないことは、経験者ならば誰でも知っている。
ハイアールとの提携は、中国ビジネスに通じている現場の猛反対を押し切って、敏氏がまとめ上げた。危惧は現実のものになった。結局、合弁事業は一度も黒字になることはなく、技術が中国側に流出しただけで終わった。
「もっと早く中国から徹底していれば、三洋はこんなありさまにはならなかった」
三洋凋落の最大の要因は、敏氏が推進した中国ビジネスにあったのだ。
私「従軍慰安婦訂正記事がまだ英文サイトに載っていないようですが。」

朝日「はい載せてません」

私「いつ載せるか分りますか?」

朝日「分りません。それだけですか。じゃ切ります(ガチャンッ)」

私「…………」

561 :死(略) ◆CtG./SISYA :2011/02/05(土) 21:21:52 ID:Bb7eflZ60
もし、日本人が60万人アメリカへ行って、
密航(犯罪)を隠す為に「強制連行された」と嘘吐いて騙し、
「日本人は、植民地支配されて搾取された被害者だ」と喚き、
アメリカでトップの犯罪率を誇り、
麻薬でアメリカを汚染して、
高利貸しと30兆円産業規模の違法な賭博業でアメリカ人を借金漬けにし、生命保険をかけて毎年3000人自殺させ、
これら反社会的事業によって人口比率1%でありながら、アメリカ中で最高の富裕層の二割以上を占め、
アメリカ人を組織的に拉致し、税金を圧力で役所を脅迫して免除させ、
日本人を市役所へ就職させる枠を作り、アメリカの公務員に日本人を就かせ、
日本国籍なのにアメリカの参政権をよこせと言い、
就職では日本人とアメリカ人を差別して、優先的に日本人を組織に入れ、マスコミや役所を乗っ取り、
日本人の悪行を一般アメリカ人に隠すように徹底して口封じし、
共通の大学試験では平均が高得点で補正も無い「日本語」の科目を設けさせ、
難易度の高い大学に入り易くさせ、
日本人学校をアメリカの税金によって無償化せよと主張し、
国旗、国歌に反対してアメリカ人を一致団結させる要素をなくそうとし、
マフィアの三割を占め、
市民団体を作って各所に圧力を掛け、
「ジェンダーフリー」「男女同権」とプロパガンダしてアメリカ人の伝統的な家庭を破壊し、
税金を納めるアメリカ人自身ですら生活保護が受給できず「サンドイッチが食べたい」と言いながら餓死しているのを尻目に、
本業の収入があってもこれを受け、丸々と太っていながら「生活保護費が少なくて生活が苦しいぞ!」と文句をたれ、
それで居て「国際協調だ」「アメリカ人は日本人を差別している」「外国人参政権、国籍法改正で主権をよこせ」
「日本人は被害者だ。差別するな!」と「脅迫」し、
これらの悪逆無道がばれて尚「日本人に権利を認めたアメリカ人に責任がある」と堂々言って憚らないなら・・・

ジェノサイドされても文句は言えないだろう。
これが「朝鮮人なら赦される」等と考える在日こそは、本物の、唾棄すべきレイシスト集団なのである。

移民政策はこれが日常になるということ

アメリカの就労用ビザを申請した外国人労働者の給料データは、アメリカ合衆国労働省のウェブサイト上で公開されており、これを利用して2009年から2013年までに就労用ビザを申請した約120万人分の給料データを集計することで「どこの企業でどんな職種に就くとどれくらいの給料がもらえるのか?」という疑問を一瞬にして解決できるようになっているウェブサイトが「salar.ly」です。世界中のさまざまな有名企業で働く人々が果たしてどれくらいの給料をもらっているのかが一目で分かり、どの地域でどんな職種の人が働いていたのか、なども簡単に調べられるようになっています。

salar.ly | Main
http://www.salar.ly/

日本の多くの会社は、時給800円でアルバイトする若者が仕事をサボることは叱るくせに、時給換算でその何倍もの人件費を支払われている人間が会議で不毛な時間を過ごすことに対しては思いのほか無頓着である。
rioysd:

男優のモノローグがすごく多いAVですw

rioysd:

男優のモノローグがすごく多いAVですw

ちなみに、私には保険会社で保険商品の設計を行っている友人がいますが、彼らは100%、保険会社の保険に加入していません。みんな都民共済です。この事実が、保険の手数料の高さや暴利の仕組みのすべてを物語っています。